作品をiBookstoreでさがす

HOTEL』をiBookstoreで検索した結果を表示しています。上位25件までを表示します。
[該当件数:25件]

« 前のページに戻る

HOTEL(1)

HOTEL(1)

著:石ノ森章太郎

ホテルは、ひとつの巨大都市でもある。レストラン、美容室、宝石店、薬屋等々……病院から靴磨きまで、生活に必要な物は全て揃っている。そして、ルーム・キーは、ホテル内では万能である。レストランの食事からクリーニング、高価な宝石の購入まで現金を持たずに行うことが出来る。それ故に様々なドラマが、今日も繰り広げられる。勿論、この巨大ホテル「プラトン」でも……。テレビドラマ化でも話題をさらった大人気作、開幕!!
Nihonbashi, The Heart of Tokyo

Nihonbashi, The Heart of Tokyo

著:Infostone Inc. & Hotel Kazusaya

Nihonbashi is a city district of Tokyo, just north of Ginza.  As the "center of Japan", the Nihonbashi district also served as the commercial center of Edo (as Tokyo was formerly known), with a fish market beside the river and many shops along the roads. The current district still retains its vigor with numerous offices, department stores, and traditional Japanese-style shops, but also offers a calm atmosphere that people can appreciate while strolling around. Hotel Kazusaya operates hotel business in Nihonbashi for more than 115 years and has published 1st Nihonbashi travel guide for eReaders. Articles feature information about shopping, dining, recommended tourism, and more in and around the Nihonbashi district.  
 
あぶな坂HOTEL

あぶな坂HOTEL

著:萩尾望都

あの世とこの世の間に建つ「あぶな坂HOTEL」。ここにやってくる客たちは、心に背負い続けてきた重荷を抱えたまま生と死のはざまでたゆたっている。進むべき方向はどちらなのか――!? ホテルに集う客それぞれのドラマを描いた長編読み切り「あぶな坂HOTELの人々」、「女の一生」、「3人のホスト」、「雪山へ」の計4本とショートストーリー「天使のはなし」を収録。
HOTEL(2)

HOTEL(2)

著:石ノ森章太郎

ホテル・プラトン、48階。ここにスカイラウンジ「バレンシア」がある。他の客の迷惑を顧みることなくバカ騒ぎをする酒造メーカー常務取締役一行。ラウンジの長でもあるバーテンダー・竹田が退出を願い出るが……!?(「御点前」) 三友商事・町田部長からホテル・プラトンのジェネラル・マネージャーである東堂に連絡が入る。どうやら4年前に家出をした息子がプラトンで働いているらしく……。(「花盗人」) 全11編収録。
HOTEL(3)

HOTEL(3)

著:石ノ森章太郎

公園でいじめられていた少年に老人は話しかけ、自分の夢を語る。それは、ホテル・プラトンの天辺に上り、自分の住んで来た町を見るというもの。そして、今夜の決行に少年を誘うが……!?(「チャレンジ」) 東堂がジェネラル・マネージャーを務める東京プラトンの他にも、各地にホテル・プラトンがある。今回、問題が起きたのは京都。京一番の懐石を出す「桂屋」に出店を拒否され……!?(「キリキリシャン」) 全10編収録。
HOTEL(4)

HOTEL(4)

著:石ノ森章太郎

東京プラトンに現われた“クリス”という名のワンパク坊主。ミシガンからやって来たというが、どう見ても日本人。ルーム・メイク担当の藤井が語る、5年前のクリスマスに起きた出来事とは……!?(「メリークリス」) ジェネラル・マネージャーの東堂は、札幌プラトンを訪れていた。札幌ジャンプスキー大会の決勝戦に臨むホテルマン・竹内を慰労する為に。だが、竹内の脚は……。(「ホテル in snow」) 全11編収録。
The Haunted Hotel

The Haunted Hotel

著:Wilkie Collins

A kind, good-hearted genteel young woman jilted, a suspicious death or two that only a few think could be murder, strange apparitions appearing in a hotel all combine to create a horrifying conundrum. Who was the culprit and will finding out finally put an end to the mystery.
HOTEL(5)

HOTEL(5)

著:石ノ森章太郎

東堂の留守中、フロント・松田に難題が降りかかる。在日ドイツ大使館外交官夫人の指輪からダイヤが消えた。どうやら、前日に東京プラトンで行われた「パンの講習会」の時、作ったパン生地の中に入ってしまった様で……。(「機転」) 東京プラトンのレストランに現われた挙動不審の若い男性客。レストラン主任が話を聞いて見ると、新規の仕事相手を昼食に接待する為の下見だというが……!?(「パワーランチ」) 全11編収録。
HOTEL(6)

HOTEL(6)

著:石ノ森章太郎

TV特別番組の取材が入った東京プラトン。案内役に抜擢されたのは、フロント・赤川一平。緊張しながらもホテル各所を案内する赤川だったが、TVスタッフの興味は別の所にあるようで……?(「未完の部屋」) 東京プラトンの医務室に勤務する女性医師・神保。ある日、神保の恩師である沢田病院の院長がホテルに。そして、東堂を呼び出し、沢田病院の入院患者を返せと言うが……!?(「HOSPITALIS」) 全10編収録。
HOTEL(8)

HOTEL(8)

著:石ノ森章太郎

裸一貫で全米にチェーンを築き上げたホテル王のマリオ・メリッツが来日。記者会見でメリッツ・ジャパン建設の噂を否定しながらも、同席したマリオの息子ルネは、意味深長な発言を……!?(「ホテル王」) 常連客の中島が、45年ぶりの同窓会を東京プラトンで行うという。だが、同窓会打ち合わせに現われた初恋の女性は嫌煙運動を推進していた。愛煙家の中島だったが……!?(「SMOKE OR NOT?」) 全11編収録。
HOTEL(7)

HOTEL(7)

著:石ノ森章太郎

東京プラトンのフロント・赤川をはじめ、多くのスタッフと顔なじみのタクシー・ドライバーがいる。通称・丸さん。ある日、ホテルで催されていた「毛皮フェア」の展示品紛失の噂を聞き、思い当たる事が……!?(「タクシー・ドライバー」) 東京プラトンには、道案内の地図を描いてくれる専門家がいると評判に。しかし、それはブライダル・コンサルタントの牧という女性の事だった……!?(「明日への地図」) 全11編収録。
HOTEL(9)

HOTEL(9)

著:石ノ森章太郎

東京プラトンのフロント・赤川は頼まれると嫌と言えない性格。今日も知り合いの青年に頼まれ、制服の貸し出しと写真撮影を隠れて行なっていたが、後輩のフロント・倉田に見つかってしまい……!?(「故郷への手紙」) ルーム係の新人・尾崎はルーム・サービスの仕事に不平不満を持っていた。そんな彼にプラトン・マインドを身に付けさせる為、先輩・田上は、課題を与えるが……!?(ルーム・サービス」) 全11編収録。
HOTEL(10)

HOTEL(10)

著:石ノ森章太郎

ホテルに宿泊する客達は、バイキング形式の朝食で朝を迎える。何気ない朝食風景だが、この料理を作るホテルマン達は深夜から作業を始めている。勿論、東京プラトンでも……。(「テーブル・ウォッチング」) レストラン・サービス係の新人・高木は仕事を甘く見て失敗の連続。心からの反省を促す為、杉村課長は高木と森田部長の部屋へ。そこには汚れたタキシードが飾られていて……!?(カートン・ウォーク」) 全10編収録。
HOTEL(12)

HOTEL(12)

著:石ノ森章太郎

シャワーを浴びている隙に何者かが忍び込み現金と航空券を盗んだ、と主張する商社の支社長。東京プラトンのジェネラル・マネージャー東堂は、一計を案じるが……!?(「事実判明」) 東京プラトンを訪れたクルアド共和国の文化大臣を兼任するファド国王。世界の芸術家や文化人と会う為の旅を続けていると言う。そして“文化的発展の象徴”として東京プラトンを丸ごと買いたいというが……!?(「ザ・キング」) 全11編収録。
HOTEL(11)

HOTEL(11)

著:石ノ森章太郎

フロント・赤川から「ホテルマンは壁になれ」と教えられた新人・木ノ下。ある日、高校時代の憧れの君が結婚式の下見に現われる。だが後日、彼女の婚約者が別の女性とホテルに泊まった事を知り……!?(「プライバシー」) フロント・赤川の後輩が東京プラトンを辞めるという。赤川は後輩と共にジェネラル・マネージャーの東堂の元へ。東堂から引き留めの言葉を期待していたが……!?(「プラトンマン」) 全11編収録。
HOTEL(14)

HOTEL(14)

著:石ノ森章太郎

東京プラトンの客の殆んどがイライラ顔の梅雨時。しかし、ドアマン・堀越は、どんな時でも笑顔で客を迎える。どうやら、逆様の胸バッチに秘密がある様で……!?(「あまのじゃく」) 今世紀最大の予言者というマハージャ・ネカが、11月11日に東京のシティホテルで大惨事が起こると予言。そして、東京プラトンに該当日のキャンセル電話が相次ぐ。だが、東堂はこの予言者を知っていた……。(「予言者」) 全11編収録。
HOTEL(13)

HOTEL(13)

著:石ノ森章太郎

ホテルのアメニティ・グッズは「魅せる・持ち帰る・集める」の時代だと力説する広報部・島田。そんな彼の元に社明党委員長・戸田女史サイドから新シリーズを買いたいという連絡が入る。喜ぶ島田だったが、東堂は……!?(「コレクション」) 当たっている宝クジを落としたという連絡がフロントに入る。見つけたら半額をくれるとも。色めき立つフロント・赤川達だったが……!?(「LOTTERY 宝クジ」) 全11編収録。
HOTEL(15)

HOTEL(15)

著:石ノ森章太郎

今年も東京プラトンでは、定例のパーティーが開かれていた。常連のフランス人・シモンがホストを務める「ボジョレ・ヌーボー」を飲む会。そこで新人ウエイター・鈴木がワインの瓶を割ってしまい……!?(「葡萄畑」) 無銭宿泊などの被害に遭ったホテルが、他のホテルに人相や状況を回して情報交換をする。東京プラトンにも情報が届いた。そんな折、情報には該当しないが、怪しい客が……!?(「UG情報」) 全10編収録。
HOTEL(19)

HOTEL(19)

著:石ノ森章太郎

フロント・東山は、長い間、仕事一筋を貫いてきた。子供は3人いたが、長男はフランス在駐の商社マン、長女は結婚してカナダ在住。久し振りに家族5人揃っての食事をプラトンのレストランでとる予定だったが……!?(「ラスト・サマー」) 東京プラトンの二十周年記念式典。挨拶を頼まれた花岡社長が用意した豪華な花束が届く。花束は誰の手に……!?(「The 20th Anniversary」) 全11編収録。
HOTEL(16)

HOTEL(16)

著:石ノ森章太郎

フロント・赤川が気にかけていた新人・北野の配属先はランドリー。励ましに顔を出した赤川に対し、「単調で楽だし、ミスをする事もない」と嘯く北野。しかし、チケットを入れた上着をランドリーに出したという客が現われ……!?(「ランドリー」) 東京プラトンの客室には、自由な意見を書いて貰う為のコメントカードが置かれている。しかし、フロント・倉田への苦情が増えてきて……!?(「コメントカード」) 全10編収録。
HOTEL(17)

HOTEL(17)

著:石ノ森章太郎

ベルマンとしての仕事に誇りを持つ山村だったが、経理への転属が決まる。ジェネラル・マネージャー東堂に不平不満をぶつける山村。だが、東堂は「ベルマンの仕事を経理にも活かせる筈」と言うだけで……!?(「アカウンティング」) ルーム係の斉藤は困っていた。オーダーの品を運んで行く度、酒を飲まされるのだ。しかし、相手はお得意様の銀行会長。斉藤は東堂に泣きつくが……!?(「裸足になる」) 全11編収録。
HOTEL(18)

HOTEL(18)

著:石ノ森章太郎

フロント・赤川は、同僚の倉田がソワソワしている事に気付く。理由を聞くと、有名なパヒュームデザイナーのマリー・シャルルが東京プラトンに来るという。香水には全く興味のない赤川だったが……!?(「パヒュームデザイナー」) 東京プラトンを利用した1万人以上の客のデータが全て記録してある「ゲストヒストリー」。しかし、ふとした手違いでデータが消えてしまい……!?(「ゲストヒストリー」) 全11編収録。
Hotel

Hotel

著:Arthur Hailey

The #1 New York Times–bestselling author of Airport reveals the inner workings of a New Orleans hotel—and the human drama unfolding behind its closed doors.

During five sultry days, the lives of the guests, the management, and the workers at New Orleans’ largest and most elite hotel converge. The owner has four days to raise the money to save his financially ailing property. The general manager, once blacklisted from the hospitality business, struggles with one crisis after another. A rebellious heiress will do anything to attain her secret desires. The duke and the duchess in the lavish presidential suite are covering up a crime. And within one of the many guest rooms hides a professional thief.
 
Filled with memorable characters and authentic detail about the inner machinery and secrets of a five-star hotel, this gripping New York Times bestseller sold millions of copies and was adapted for both film and TV. Set in a time when travel was still glamorous and grand independent hotels set the standard for luxury, it’s a read like a vacation in itself, from the author of such behind-the-scenes blockbusters as The Moneychangers and Wheels.

“Instant readability . . . catches the reader by the lapels and holds him through its last crowded page.” —Chicago Tribune

“A great story.” —The Cleveland Press

“The author of Airport and Hotel has the natural storyteller’s gift of keeping a reader avidly turning the pages.” —The New York Times Book Review

“Fast-moving storytelling rich with interesting and bizarre characters.” —The Denver Post Arthur Hailey (1920–2004), the author of eleven novels, many of which became #1 New York Times bestsellers, was born in Luton, England. He served as a pilot and flight lieutenant in the British Royal Air Force during World War II and immigrated to Canada in 1947. While working for a transportation trade magazine, he scored his first writing success with a television drama, and began to write screenplays full-time for various networks during the golden age of live television. His novel-writing career took off in 1959 with the publication of his first novel, The Final Diagnosis, and picked up velocity with Hotel and then Airport, which spent thirty weeks in the number-one spot on the New York Times bestseller list and became a blockbuster film. Hailey’s novels, many of which have been made into films, television series, and miniseries, have been translated into forty languages. They are notable for their suspenseful storylines and authentic depictions of various industries and commercial settings, which Hailey aggressively and meticulously researched.
Hotel Valhalla Guide to the Norse Worlds

Hotel Valhalla Guide to the Norse Worlds

著:Rick Riordan

For Magnus Chase: Hotel Valhalla Guide to the Norse Worlds will whet readers' appetites for The Hammer of Thor.

It is a 176-page, smaller format book with black-and-white illustrations throughout. Helgi - the hotel manager - created this book for each hotel guest, so that he wouldn't have to answer so many questions at the front desk.

It has short entries about the deities, mythical beings, and fantastic creatures from the nine Norse worlds, and also contains bonus material, including interviews, newspaper articles, short stories and more. The tone is humorous, complementing Rick's series.
Hotel

Hotel

著:Joanna Walsh

Object Lessons is a series of short, beautifully designed books about the hidden lives of ordinary things.

During the breakdown of an unhappy marriage, writer Joanna Walsh got a job as a hotel reviewer, and began to gravitate towards places designed as alternatives to home. Luxury, sex, power, anonymity, privacy…hotels are where our desires go on holiday, but also places where our desires are shaped by the hard realities of the marketplace. Part memoir and part meditation, this book visits a series of rooms, suites, hallways, and lobbies-the spaces and things that make up these modern sites of gathering and alienation, hotels.

Object Lessons is published in partnership with an essay series in The Atlantic.

Copyright(c)2013 Kodansha Ltd. All rights reserved.