作品をiBookstoreでさがす

金田一37歳の事件簿』をiBookstoreで検索した結果を表示しています。上位25件までを表示します。
[該当件数:14件]

« 前のページに戻る

金田一37歳の事件簿(1)

金田一37歳の事件簿(1)

著:天樹征丸 & さとうふみや

数々の難事件を解決した天才高校生・金田一一(きんだいちはじめ)は、37歳のオッサンになっていた。PR会社で働く金田一は、上司の命令で離島リゾートのイベントを担当することに。なんとその島は、3度も殺人事件が起きた”オペラ座館”のあった歌島だった!「もう謎は解きたくない」と思っている金田一は、何も起きないことを祈りつつ上陸。しかし、そんな彼を嘲笑うかのように歌島にファントムの笑い声が響くのだったーー。
金田一37歳の事件簿(2)

金田一37歳の事件簿(2)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。仕事で、かつて「オペラ座館」があったリゾートに行く羽目になり、案の定、婚活パーティー中に殺人事件発生。「もう謎は解きたくない」と願うも、謎は解け、真犯人を突き止めてしまう。”第四のファントム”の正体を暴くため、容疑者達を呼び出すが、真犯人の罠によってかつてないピンチに!
金田一37歳の事件簿(3)

金田一37歳の事件簿(3)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。隣人のシングルマザー・森下桃香(もりしたももか)に頼まれ、高級タワーマンションにケータリングの手伝いに来た金田一。しかし、依頼主の美咲雛(みさきひな)の姿が見えず、不穏な空気が残る。華やかなマダムたちのパーティーの裏で、恐ろしい事件が始まろうとしていたのだった――。
金田一37歳の事件簿(4)

金田一37歳の事件簿(4)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。「タワマンマダム殺人事件」完結!驚愕の動機、タワマンに巣食う闇の正体とは――。そして「京都美人華道家殺人事件」開幕!京都に出張しにきた金田一と後輩の葉山まりん(はやままりん)。華道の家元・京極家の屋敷に宿を取った2人は、凄惨極まる事件を目の当たりにするのだった――。
金田一37歳の事件簿(5)

金田一37歳の事件簿(5)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。出張で京都赤池流華道家元・京極家を訪れた金田一と後輩の葉山まりん(はやま まりん)だったが、京極家の美人双子姉妹が惨殺される事件が発生。そしてさらなる被害者が――。謎を解きたくないオッサン金田一は、古都に巣食う「魔物」を解き明かせるのか!?
金田一37歳の事件簿(6)

金田一37歳の事件簿(6)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。舞台イベントPRの仕事で函館出張にやってきた金田一と後輩の葉山まりん(はやま まりん)。因縁深き「異人館ホテル」を訪れた金田一たちは、またもや事件に巻き込まれてしまう。箱館戦争の亡霊「碧血鬼」の魔の手による、惨憺たる殺人劇が幕を開ける――。
金田一37歳の事件簿(7)

金田一37歳の事件簿(7)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。部下の葉山まりん(はやままりん)と共に20年振りに訪れた因縁深き「異人館ホテル」で、凄惨な殺人事件が発生した。果たして真犯人「碧血鬼」の正体とは。そしてシリーズ最高傑作と名高い「騒霊館殺人事件」が開幕!騒霊の住まう古の洋館で次々と起こる怪奇現象に、オッサン金田一が挑む!!
金田一37歳の事件簿(9)

金田一37歳の事件簿(9)

著:天樹征丸 & さとうふみや

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。
大手PR会社・電報堂の下請け仕事で廃屋同然の洋館"壮麗館"を再利用するイベントに駆り出された。
"騒霊館"の異名をとる館では怪奇現象が発生し、次々と3人のゲストが怪死を遂げる。
果たしてこの恐ろしい事件は、この館に住まう"騒霊"(ポルターガイスト)の仕業なのかーーー!?
金田一37歳の事件簿(10)

金田一37歳の事件簿(10)

著:天樹征丸 & さとうふみや

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。オソカワミステリ大賞の授賞パーティーの運営を佳作を受賞した従姉妹・フミのコネで請け負う。しかしパーティーの途中で大賞受賞者が行方不明となり、その後、大賞受賞作『綾瀬連続殺人事件』に見立てた本物の殺人事件が起きてしまう。埼玉の綾瀬で「第一の殺人」。東京の綾瀬で「第二の殺人」。金田一やミステリ作家たちが事件の解決に乗り出すがーーー!?
金田一37歳の事件簿(11)

金田一37歳の事件簿(11)

著:天樹征丸 & さとうふみや

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。オソカワミステリ大賞受賞作『綾瀬連続殺人事件』に見立てられ、埼玉・東京・神奈川の綾瀬で起きた連続殺人事件。金田一はついに犯人を確信し、いとこのフミは悲壮な決意を固める! 事件は空前絶後の頭脳バトルへーー!!
金田一37歳の事件簿(12)

金田一37歳の事件簿(12)

著:天樹征丸 & さとうふみや

金田一 一(きんだいち はじめ)37歳は、小さなPR会社で働くうだつの上がらないサラリーマン。
池袋ハロウィンと江戸川乱歩展によるコラボイベント担当となり、会場のミクサライブ東京で打ち合わせをしていると、
怪人二十面相の人形が持っていたカードに「殺人二十面相」と打ち間違えがあるのに気づき…!?
金田一37歳の事件簿(8)

金田一37歳の事件簿(8)

著:天樹征丸 & さとうふみや

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。部下の葉山まりん(はやままりん)と共に20年振りに訪れた因縁深き「異人館ホテル」で、凄惨な殺人事件が発生した。果たして真犯人「碧血鬼」の正体とは。そしてシリーズ最高傑作と名高い「騒霊館殺人事件」が開幕!騒霊の住まう古の洋館で次々と起こる怪奇現象に、オッサン金田一が挑む!!
金田一37歳の事件簿(13)

金田一37歳の事件簿(13)

著:天樹征丸 & さとうふみや

金田一一(きんだいち はじめ)37歳は、小さなPR会社で働くしがないサラリーマン。池袋ハロウィンと江戸川乱歩展によるコラボイベントの担当になり、内覧会を行った。そこで起きた連続殺人事件。江戸川乱歩の小説に見立てた事件を起こし「殺人二十面相」を名乗る犯人の正体は――。
金田一37歳の事件簿 公式ガイドブック トリック詳細解説&「金田一少年」プレイバック付き

金田一37歳の事件簿 公式ガイドブック トリック詳細解説&「金田一少年」プレイバック付き

著:天樹征丸, さとうふみや & 講談社

『金田一37歳の事件簿』は、1992年から「週刊少年マガジン」において連載されて大好評を博した『金田一少年の事件簿』の続編として、主人公の金田一一の20年後の姿を描いたシリーズ。「イブニング」において連載され、現在コミックスは第9巻までが刊行されています。金田一一は高校生時代から20年が経過したため、現在は音羽ブラックPR社という小さなPR会社で営業部主任を勤めています。今や平凡なサラリーマンになった彼ですが、どういうわけか仕事中に凶悪な事件に巻き込まれてしまい、部下の葉山まりん(23歳)とともに“仕方なく”事件を解決していきます。かつてのヒロインだった七瀬美雪は大手航空会社のチーフパーサーをしているため、金田一とはすれ違いの日々が続きます。
前作同様に孤島やタワーマンションといった密室空間でのトリックを使った犯罪を暴いていくのがポイントで、舞台としては、『金田一少年の事件簿』で舞台となった歌島リゾートや、函館異人館ホテルなどが登場するのも作品の魅力のひとつになっています。今作での金田一の決め台詞は「謎がすべて解けちまった……!」「俺はもう謎は解きたくないのに~」など、前作とは推理に対する意識が違う点も面白味となっています。

今回の『金田一37歳の事件簿 公式コミックガイド』では、往年の名作『金田一少年の事件簿』のファンであった30代以降の読者にも訴求できる、『金田一37歳の事件簿』の魅力を存分に伝えた作品となっています。

Copyright(c)2013 Kodansha Ltd. All rights reserved.