作品をiBookstoreでさがす

タカセコーヒーと私』をiBookstoreで検索した結果を表示しています。上位25件までを表示します。
[該当件数:5件]

« 前のページに戻る

タカセコーヒーと私 プチキス(1)

タカセコーヒーと私 プチキス(1)

著:原夏見

中野絵理子、大学2年生。昨日、同じゼミの先輩に突然「ちょっと話があるんだけど」と言われて○×通りにある喫茶店、タカセコーヒーに呼び出された。集まっている原因は男女のイザコザである。気まずい空気の中、渦中の男が現れたとき、話し合いの行方は思わぬ方向へ…。その喫茶店でわたしは変わる、あなたも変わる。日常に潜む一瞬の煌めきを切り取るオムニバスシリーズ!
タカセコーヒーと私 プチキス(2)

タカセコーヒーと私 プチキス(2)

著:原夏見

中学3年生の息子は、口数が少なく帰宅時間も遅くなりがちで荒れているかと思いきや、最近はパタッと落ち着いている。成長するごとに何を考えているか掴めなくなっていく思春期の息子の三者面談に出かけ、知らない一面を知ることになった時、母は……。かつて子どもだったのに、いつの間にか大人になったすべてのあなたへ捧ぐ、日常に潜む一瞬の煌めきを切り取るオムニバスシリーズ!
タカセコーヒーと私 プチキス(5)

タカセコーヒーと私 プチキス(5)

著:原夏見

高校3年生の横川瑞穂には、会いたい人がいる。父親が同じ、母親が異なる弟の大和。不和な家庭の中には居場所がなく、受験でタイムリミットが近づく中、昔会ったことを頼りに弟に会いにいく瑞穂に対し、大和の反応は…。わたしにとって、一番居心地の良い場所を考えることとは?その喫茶店でわたしは変わる、あなたも変わる。日常に潜む一瞬の煌めきを切り取るオムニバスシリーズ、最終話!
タカセコーヒーと私 プチキス(4)

タカセコーヒーと私 プチキス(4)

著:原夏見

タカセコーヒーで働く明は、常連客にいつもパフェを出す。パフェを頼むのは、閉店の少し前に現れる髪をポニーテールにした上品な美しい女性。ある雨の日、タカセコーヒーの近くで、その美しい常連客が雨宿りをしていた。ヒールが折れて困っていた彼女を助けようとした明だが、事態は思わぬ展開に…。ある喫茶店を舞台に、日常に潜む一瞬の煌めきを切り取るオムニバスシリーズ!
タカセコーヒーと私 プチキス(3)

タカセコーヒーと私 プチキス(3)

著:原夏見

たまに、昔失敗したことや挫折したことの夢を見る――。フリーターをしながら制作活動をしている三上洋平は、個展に訪れた大学の同級生が子どもを連れている姿を見て、ふわふわした自分の人生を振り返る。保証のない人生の失敗の影に怯えながらも、洋平が進んでいこうとする道は…。とある喫茶店・タカセコーヒーを舞台にそこに訪れる人の人生の煌めきのドラマを切り取るオムニバスシリーズ!

Copyright(c)2013 Kodansha Ltd. All rights reserved.