作品をiBookstoreでさがす

グラゼニ』をiBookstoreで検索した結果を表示しています。上位25件までを表示します。
[該当件数:25件]

« 前のページに戻る

グラゼニ~パ・リーグ編~(5)

グラゼニ~パ・リーグ編~(5)

著:足立金太郎 & 森高夕次

先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ・」の強打者たち! 夏之介は、あの手この手で不調から抜け出そうと試みるが、同僚に「お前のボールは死んでいる」と言われ自信を喪失。さらに二軍行きまで命じられてしまう。二軍でフォーム改造に着手する夏之介。その成果は……!?
グラゼニ~東京ドーム編~(1)

グラゼニ~東京ドーム編~(1)

著:森高夕次 & アダチケイジ

球界の盟主「文京モップス」にひょんなことから入団することになってしまった凡田夏之介(ぼんだ・なつのすけ)。小さい頃から憧れてきたスター集団! でも選手となって入ってみると……憧れだけではやっていけない超過酷なサバイバルが夏之介を待っていた……!!!! グラゼニ 東京ドーム編、ここに開幕!!
グラゼニ~パ・リーグ編~(4)

グラゼニ~パ・リーグ編~(4)

著:足立金太郎 & 森高夕次

パ・リーグに移籍した夏之介は大苦戦! 3度の登板で1勝2敗、防御率は7.91と散々な数字。結果、夏之介を起用し続けた首脳陣にまで批判がおよび、夏之介はトクさんとともに二軍行きを余儀なくされる。一足先に二軍に落ちていた印西とともに一軍復帰を目指す夏之介はフォーム改造に着手。参考にしたのは、老山アナの亡き夫、そして恵の父親である鉄至が残したビデオだった……。
グラゼニ~パ・リーグ編~(6)

グラゼニ~パ・リーグ編~(6)

著:足立金太郎 & 森高夕次

仙台ゴールデンカップスとの3年契約2年目。
今年34歳の夏之介もベテランの域。「元・リリーフ」
ということもあり、内容を問わず6回でマウンドを降り
その後を「アマがき隊」の3人がつなぐ、必勝パターンが
定着しつつあった。しかし、好調の要因であった
デジタル・デトックスを解除し、スマホに再熱中した
布川がプチ炎上。更にスマホの沼にはまっていく。
スマホ断ちを貫く薬丸も、新守護神誕生とも言われる
ほどに結果を残していたが、ついに打たれる。
ジンクスはあっさり破られた。ハマった者と断った者は、
マウンドで炎上せずに、夏之介を救援できるのか。
グラゼニ~東京ドーム編~(3)

グラゼニ~東京ドーム編~(3)

著:森高夕次 & アダチケイジ

「文京モップス」に移籍した夏之介(なつのすけ)は、二軍スタートだったが順調に一軍入りし、ついに東京ドームで投げることになる! 順調に打者を打ち取ったかに思えた8回表大波乱が待ち受けていた!!! 東京ドームにひそむ“魔物”の仕業で、レフト・富士野泰山(ふじの・たいざん)がまさかの……!? 二人の移籍選手、試練の時……!!
グラゼニ~パ・リーグ編~(1)

グラゼニ~パ・リーグ編~(1)

著:足立金太郎 & 森高夕次

先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ」の強打者たち! 凡田夏之介(32歳)、人生初のパ・リーグ挑戦が開幕!!
グラゼニ(6)

グラゼニ(6)

著:森高夕次 & アダチケイジ

今季の登板数は31試合で、4勝4敗2セーブ。ホールド数は20。昨季より大きく成績を伸ばし、シーズン終盤の優勝争いでは大車輪の活躍をした夏之介。今季の年俸は1800万円だったが、契約更改でその年俸はどこまで上がるのか?そして夏之介は契約更改の席で、提示額から上積みを勝ち取るためのある奇策に出る!
グラゼニ~東京ドーム編~(2)

グラゼニ~東京ドーム編~(2)

著:森高夕次 & アダチケイジ

「文京モップス」に移籍した夏之介(なつのすけ)は、二軍スタートだったが順調に一軍入りし、ついに東京ドームで投げることになる! 順調に打者を打ち取ったかに思えた8回表大波乱が待ち受けていた!!! 東京ドームにひそむ“魔物”の仕業で、レフト・富士野泰山(ふじの・たいざん)がまさかの……!? 二人の移籍選手、試練の時……!!
グラゼニ(10)

グラゼニ(10)

著:森高夕次 & アダチケイジ

レギュラーシーズンは散々な成績に終わったが、クライマックスシリーズはMVPに選ばれる大活躍。夏之介は3位だったチームを日本シリーズに進出させた。 しかしそのことで大バッシングが巻き起こる。なぜ3位のチームが日本一を争うのかと! そしてシリーズ進出の立役者である夏之介がそのバッシングの標的に!! 異常な雰囲気の中で始まった日本シリーズで夏之介は好投できる!?
グラゼニ~パ・リーグ編~(3)

グラゼニ~パ・リーグ編~(3)

著:足立金太郎 & 森高夕次

先発投手としての活躍を求め、球界の盟主・文京モップスから、FA移籍で「仙台ゴールデンカップス」に入団した凡田夏之介。待ち構えるのは、対戦経験の少ない「パ・」の強打者たち! 失敗続きの夏之介は、同時期にピッチングコーチとして入団したトクさんにまで迷惑をかけてしまうことに!
グラゼニ~東京ドーム編~(11)

グラゼニ~東京ドーム編~(11)

著:森高夕次 & アダチケイジ

【2018年、プロ野球セ・パ公式戦全試合放送の「スカパー!」にてTVアニメ化決定!】昨季5位と低迷したモップスの新監督に、高橋ノブヨシ監督が就任。コーチ陣も一新される中、夏之介の起用法が大問題に! 「先発」か「リリーフ」か?? 今後の野球人生を左右する一世一代の決断が迫る!
グラゼニ~東京ドーム編~(4)

グラゼニ~東京ドーム編~(4)

著:森高夕次 & アダチケイジ

ユキちゃん妊娠で発奮する夏之介!! チームも優勝争いの中で、夏之介に頼る場面が多くなっていく。規定イニング数を達成する事で“年俸一億”を達成したい夏之介は鈴木(すずき)監督の信頼も厚く、登板数を着々と稼いでいくが……そこには大きな落とし穴が待ち構えていた!!!!
グラゼニ~東京ドーム編~(7)

グラゼニ~東京ドーム編~(7)

著:森高夕次 & アダチケイジ

ペナントレース開幕! トミー・ジョン手術から1年半ぶりの一軍復帰戦を、まさかの先発で迎えた夏之介(なつのすけ)。しかも対戦相手は古巣の神宮スパイダース! その先発投手は“元”エース・椎名(しいな)。ともに不安定に投げ合う投手戦――。「勝ち」の行方は、どっち……!?
グラゼニ~東京ドーム編~(6)

グラゼニ~東京ドーム編~(6)

著:森高夕次 & アダチケイジ

トミー・ジョン手術から早1年。夏之介は本格的な復帰トレーニングに入っていた。しかし実戦から長らく離れ、幸せな家族に囲まれていたせいなのか、どうにも緊張感に欠ける日々。緩む精神と反比例して、鍛えられていく肉体。果たして手術の成果は? そしてトレーニングの結果は? 宮崎キャンプ、二軍ブルペンで皆が守る中、夏之介は結果を出せるのか!?
グラゼニ(17)

グラゼニ(17)

著:森高夕次 & アダチケイジ

ボビー・リードの導きにより「曲がりすぎるカーブ」を覚え球種の幅が広がった夏之介(なつのすけ)! メジャーリーガー3人を三者凡退に切ってとりファームディレクターへのアピールも成功! ところがところが……ブルーソックスを揺るがす大きな流れの中に飲み込まれ夏之介、試練の時……!
グラゼニ(4)

グラゼニ(4)

著:森高夕次 & アダチケイジ

中継ぎ1800万円の「便利屋」という不遇から脱却できる絶好のチャンス到来!!スパイダース首脳陣が仕掛けた“奇襲先発”の試練に今季なんだか好調の夏之介(なつのすけ)が挑む!!アウェーの名古屋ドーム、まっさらなマウンド……。“先発”夏之介、昇給orDie!?
グラゼニ(12)

グラゼニ(12)

著:森高夕次 & アダチケイジ

オフには夏之介と役回りのかぶる左の「中継ぎ」を補強したスパイダース。その投手・松浪は、夏之介の“ポジション”を奪う気、満々! その他にもメジャー帰りの曽我部と大野雪雄のポジション争いや、丸金千太郎の打者としての大躍進など、見所満載! 夏之介とスパイダースの新シーズンが始まる!!
グラゼニ~東京ドーム編~(8)

グラゼニ~東京ドーム編~(8)

著:森高夕次 & アダチケイジ

凡田夏之助(ぼんだ・なつのすけ)、トミー・ジョン手術後の復帰第二戦。球速は出ず、試合勘も戻らずで先行き大不安。対する瀬戸内カーナビーツの“瀬戸内番長”こと原武裕美(はらたけ・ひろみ)も、カッコよく引退宣言したい思惑があり過ぎて、肩に力が入り過ぎ。どっちもヨレヨレでズルズルの展開になった。二人の肩には、互いの家族の生活もかかっている。崖っぷちの“パパ対決”の行く末は――!?
グラゼニ~東京ドーム編~(15)

グラゼニ~東京ドーム編~(15)

著:アダチケイジ & 森高夕次

「もうリリーフはやりたくない」。そう思う自分に気づいた夏之介は、一軍復帰後も先発で連勝を重ね、「破格」の成績でシーズンを終えた。ダーティ桜塚も驚愕するほど絶好調の夏之介を、さらなるビッグニュースが待ち受ける!【2018年4月より「BSスカパー!」でアニメ放送開始!】
グラゼニ~東京ドーム編~(12)

グラゼニ~東京ドーム編~(12)

著:森高夕次 & アダチケイジ

シーズン開幕2戦目、リスクを承知で先発に転向した夏之介が初登板! 目指すは「勝ち」を積み上げてのFA移籍――。トコトン稼ぎ抜くために、夏之介はとある“投球術”を披露する!
グラゼニ~東京ドーム編~(13)

グラゼニ~東京ドーム編~(13)

著:森高夕次 & アダチケイジ

6回3失点まではヨシとする「投球術」で、先発ローテーション投手として、きっちり勝ち星を重ねる夏之介。ところが、まさかの緊急事態発生で、順調だった「FA計画」に暗雲が立ち込める……!
グラゼニ(15)

グラゼニ(15)

著:森高夕次 & アダチケイジ

契約更改でモメにモメ中の夏之介(なつのすけ)は高校の後輩・持田(もちだ)のつながりで代理人・ダーティ桜塚(さくらづか)と出逢う。ダーティの巧みな弁舌にのせられて夏之介の出した答えは、なんとまさかの「ポスティング」!!!!!! 球団側もビックリのこの事態、どうやって収拾すんの!?
グラゼニ(13)

グラゼニ(13)

著:森高夕次 & アダチケイジ

激しい競争の中、「勝利の方程式」の一角を担う「セットアッパー」の位置を掴んだ夏之介(なつのすけ)。丸金(まるかね)やユキオら他の選手の活躍もあり、チームのリーグ優勝も見えてきた。夏之介もチームもこの調子なら、オフの契約更改では新年俸、1億も夢じゃない…!
グラゼニ(16)

グラゼニ(16)

著:森高夕次 & アダチケイジ

ダーティ桜塚(さくらづか)にそそのかされ神宮スパイダースからボストン・ブルーソックスへポスティング移籍した夏之介(なつのすけ)。しかし、ブルーソックスのチーム事情によりまさかのマイナー契約でキャンプに臨む事に……!晴れ渡るフロリダの空の下、夏之介の胸中はフクザツ模様……!!
グラゼニ~東京ドーム編~(14)

グラゼニ~東京ドーム編~(14)

著:森高夕次 & アダチケイジ

モップス投手陣の継投リレーに生じた異変が、夏之介に思わぬ影響をもたらす。狂ったリズムを取り戻すために、夏之介はひたすら投げ続けるも……。

Copyright(c)2013 Kodansha Ltd. All rights reserved.