作品をiBookstoreでさがす

ながたんと青と-いちかの料理帖-』をiBookstoreで検索した結果を表示しています。上位25件までを表示します。
[該当件数:25件]

« 前のページに戻る

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(2)

著:磯谷友紀

外国人客をもてなすことを嫌がった料理長が突然辞めてしまい、すべての料理人を失った「桑乃木」。しかし40人を迎える宴席の日が迫る。新聞取材も入っていて、もう断れない。いち日一人で多くのお客さんを捌き切ることができるのか…。一方、周の実家は相変わらず桑乃木を乗っ取る気満々で、その機会を虎視眈々と狙っていて…。昭和26年、京都の老舗料亭を舞台に繰り広げられる、年の差夫婦の美味なる恋物語、待望の第2巻!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(1)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(1)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。歴史ある料亭の長女・いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めている。料亭「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。その結婚相手のはずだったいち日の妹は、結婚を嫌がって料理人と駆け落ちしてしまう。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日――。年の差夫婦が織りなす、旨し麗し恋物語!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(4)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(4)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。

ー4巻のあらすじ―
伯母が勝手に決めた養子縁組。突然連れてきた男の子・みちやをいち日と周は家族として受け入れる。
家族の絆が少しずつ深まる中、年の瀬になって周が突然、大阪の実家に呼び戻されてしまった。
「すぐ戻る」とは言っていたが、なかなか戻らない夫を迎えに、山口の家を訪ねたいち日。「桑乃木」を潰したくて仕方ない周の兄・縁に、酷いことを言われるが、そこで周が…!
さらに、周のある「秘密」を知ってしまったいち日は…。
夫婦の距離がぐっと縮まる必見の第4巻!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(6)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(6)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。

ー6巻のあらすじ―
桑乃木に出戻った、いち日の妹・ふた葉の夫婦。夫の慎太郎に料理人としての自信を取り戻させるため、そして彼が桑乃木に必要な人材だと伯母に証明するため、いち日は慎太郎とともに新聞社主催の料理コンテストに挑戦する。思いがけないトラブルにも見舞われ、ピンチに陥るが――。
そんな中、いち日と周の夫婦仲もゆっくりと近づいていく。自分の気持ちがいち日に向いていることに気付き始めた周だが、いち日には届きそうでなかなか届かず…。
そして桑乃木を訪れたある人物が、二人の心をかき乱す! 波乱の第6巻!!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(3)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(3)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。

―3巻のあらすじ―
料理長・戸川が他の店に移るために辞めてしまい、料理人を失った桑乃木。周に促され、また、恩人であるホテルのシェフ・田嶋にも背中を押され、いち日は桑乃木の料理長になることを決心した。
しかし客足は遠のき、「新生・桑乃木」の滑り出しは順調とは程遠いものだった。
初仕事となる、常連の家での出張料理では、戸川の料理を期待していた客を満足させることができず、実力不足に落ち込むいち日。
そんな中で、いち日と周の二人が立てた、起死回生の計画とは――?
ながたんと青と-いちかの料理帖-(5)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(5)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。

ー5巻のあらすじ―
新しい家族・みちやを迎え、家族の絆が少しずつ深めていたいち日たち。
しかし帰省した周を追って大阪に出向いたいち日は、結婚前に周が言っていた「好きな人」が、周の兄・縁の妻、鈴音であることを知る。
大阪で父から「桑乃木」を立て直すための期限は一年だと釘を刺された周。お土産用のマドレーヌ販売など、経営再建に向けての努力を続けつつ、いち日へ向かいつつある自分の想いに気づく。
夫婦で酒を傾けたバレンタインの夜に、結婚して初めて、ついに一夜を共にした二人。
このまま夫婦の距離は縮まりそうに思えたが……。
さらに、駆け落ちで桑乃木を出ていったいち日の妹、ふた葉から便りが来て……!
物語が大きく動き出す第5巻!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(8)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(8)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。
ー8巻のあらすじ―
兄嫁であり周の初恋の人でもある鈴音の家で騒動も無事に解決し、改めて互いを想う気持ちが深まったいち日と周。いち日の誕生日や大晦日などのイベントを経て急接近…かと思いきや安心も束の間、アメリカに留学していた次男・栄が二人の目の前に現れ思いがけない提案をする――!

一難去ってまた一難、かつてない状況に直面する二人を繋ぐ絆は――?大波乱の第8巻!
ながたんと青と-いちかの料理帖-(7)

ながたんと青と-いちかの料理帖-(7)

著:磯谷友紀

昭和26年、京都。二百年続く料亭・桑乃木の長女いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めていた。
「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日と、桑乃木を立て直そうとする大学生の周。
二人は仕事のパートナーとして、少しずつ信頼しあっていき、そして夫婦として、男女としても、ゆっくりと近づいていく――。

ー7巻のあらすじ―
大阪から周を頼って「家出」してきた鈴音。兄・縁の妻である彼女は、周のかつての想い人。それを知りながら、鈴音を「桑の木」に迎え入れたいち日。それぞれの想いが交錯する中、鈴音を追ってあの男が「桑の木」を訪れて――!?
そんな波乱の最中でも、確実に縮まっていくいち日と周の距離。

2人から目が離せない、心臓高鳴る第7巻!
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(11)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(11)

著:磯谷友紀

いち日が料理長に就任したものの、相変わらずお客さんがこない「桑乃木」。そんな中、常連客が自宅で開く「お月見会」で、出張料理をしてくれという依頼が…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(15)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(15)

著:磯谷友紀

伯母が何の相談もなく東京から連れてきた「養子」候補。いち日と周は戸惑いながらも、その子・みちやを引き取ることを決める。果たして「子はかすがい」となるのか…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(20)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(20)

著:磯谷友紀

いち日へ向きつつある自分の想いを自覚し始めた周。一方店では、お土産として作ったマドレーヌが大当たり。忙しかったお互いをねぎらい、夫婦で酒を傾けることになったバレンタインの夜に――。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(27)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(27)

著:磯谷友紀

ついに始まった料理コンテスト。思わぬハプニングもあり苦戦するが、慎太郎がここぞというところで経験と実力を発揮し…。そしてコンテストの後、いち日に異変が…?
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(12)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(12)

著:磯谷友紀

前料理長の味を期待する常連を満足させられず、失敗に終わった「お月見会」の出張料理。客足も戻らず、落ち込むいち日に、母・愛子が周も巻き込んで一計を案じ…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(19)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(19)

著:磯谷友紀

いち日と田嶋の間を勘ぐっている周。そんな中、桑乃木で出すマドレーヌの改良のため、いち日が田嶋のいるホテルの厨房に通うことになった。いち日はシェフに、夫婦っぽくない夫との仲について「さみしくないのか」と問われ……。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(14)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(14)

著:磯谷友紀

常連客を招待した食事会。それぞれの味の好みを知るために、工夫した料理を出していた。しかし、ただデータを取っていただけではなく、最後の一品で…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(26)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(26)

著:磯谷友紀

伯母さんに向き合うことを決意した慎太郎。改めてふた葉との結婚を認めるようにお願いするが、伯母の答えは「コンテスト次第」。妹夫婦と桑乃木の未来を懸けた料理コンテストが始まる――。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(17)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(17)

著:磯谷友紀

お互いに、別に「好きな人がいる」ということを了解し合って結婚した二人だった。でも、山口の家を訪ねた際に、いち日は周の想い人が兄の妻・鈴音だと知って――。その鈴音に、いち日はあることを頼まれて……。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(23)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(23)

著:磯谷友紀

山口家との縁談が嫌で、一年前に料理人の慎ちゃんとかけ落ちした、いち日の妹・ふた葉。行方知らずだった夫婦の居場所の手掛かりをつかんだ周は、単身彼らを捜す旅に出る。苦労の末、見つけたふた葉たちは、思った以上に追い込まれた状況にある様子で…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(33)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(33)

著:磯谷友紀

周の友人の披露宴を控えて忙しい桑乃木。しかし、いち日は周に突然キスされてからというもの、隣の部屋の周が気になって眠れない。そんな中、いち日はふとしたことで鈴音と周の古くからの絆を感じてしまいーー。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(16)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(16)

著:磯谷友紀

大阪に戻ったまま帰ってこない周を迎えに、山口の家を訪ねたいち日。早く「桑乃木」をホテルにしてしまいたい周の兄・縁には、酷い対応をされるが、周は堂々と「一年以内に結果を出す」と宣言。そして、夜――。周のある「秘密」が……。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(13)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(13)

著:磯谷友紀

思わぬ“外泊”で、距離が縮まった(?)いち日と周。「桑乃木」が追い詰められる中でお互いを信頼し、二人で計画した、常連客を招いての「料理長就任お披露目会」を開催することに。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(30)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(30)

著:磯谷友紀

いち日が周から真っ直ぐな想いを告げられた夜が明け、桑乃木に大阪からある客人が訪れる。いち日たち夫婦の微妙な関係を、さらにかき乱すその客人とは――。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(21)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(21)

著:磯谷友紀

夫婦で酒を傾けたバレンタインの夜。周の想いが義兄の妻にあると知っているいち日は、「代わりにしてええよ」と周を誘い――。結婚して初めて、ついに一夜を共にした二人だったが、夫婦の距離は縮まるというより、むしろ遠ざかるような感じで…。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(28)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(28)

著:磯谷友紀

周に看病されながら、彼がこの店を出ていく未来を受け入れられなくなっている自分に気づいたいち日。そんな中、ある便りが東京から届き、いち日たち家族は皆で東京に向かうことに――。
ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(18)

ながたんと青と-いちかの料理帖-プチキス(18)

著:磯谷友紀

いち日は周の想い人が兄の妻だと知った。一方周は、いち日が言った「好きな人」が忘れられない前夫のことだとは知らない――。そんな中いち日と周は、いち日がかつて働いていたホテルのシェフ・田嶋のもとに、あるお願いをしにいくことになって…。

Copyright(c)2013 Kodansha Ltd. All rights reserved.